スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京下町の中学、無料で夜間補習教室(読売新聞)

 新入生の減少が続く「不人気校」から抜け出すには学力向上が必要だとして、東京・葛飾区立葛美(かつみ)中学校が20日、地域住民の力を借りながら夜間の補習教室を始める。

 参加無料で、同中OBの大学生らが講師役を務める。学校の評判を気にかけていた住民らも一役買い、答案の採点などを受け持つ。大手進学塾と連携して夜間授業を行う杉並区立和田中の「夜スペシャル(夜スペ)」が有名だが、葛美中では、下町の人情に支えられた「夜スペ」で学力向上を目指す。

 葛飾区が昨年4月、区内の公立中24校を対象に実施した学力定着度調査では、葛美中の場合、平日の勉強時間が20分以下の生徒が42%を占めた。区平均は26%。ゲームで遊ぶ時間が1時間半以上という生徒は80%で、区平均(76%)より多かった。学校別のテスト結果は区内で下位に低迷。同中では、英語と数学で習熟度別の少人数授業や、放課後の補習をしてきたが、郷原茂校長は「家庭での予習や復習が足りない面もあり、十分な効果を上げられなかった」と分析する。

 さらに、同中は以前、生徒が授業中に歩き回るなど、指導が難しい学校とされた時期があったため、学校選択制が導入された2003年以降、周辺の学校に新入生が流れ、03年4月に572人いた生徒は現在、275人に半減している。

 このため、同中では「人気回復にはまずは学力向上」と、4月から希望者を集めた夜間補習教室を始めることにし、文部科学省の学校支援地域本部事業の一環として、住民や保護者に協力を呼びかけた。これを受け、区の青少年委員や学校活動に協力している住民ら15人が「地域応援団」を結成。生徒の答案の採点や下校時の見守りを手伝うことになった。青少年委員の清水剛さん(48)は「不人気校という評判を何とかしたい。できる限りの協力をする」と意気込んでいる。

 補習教室は火・木曜の週2回、午後7時から約1時間半。今年度は1~3年の計81人が参加予定で、宿題や学校側が用意したプリントで自習をする。分からない問題があれば、ボランティアの同中OBの大学生、アルバイトの元塾講師や会社員ら計4人の講師役に質問する。

<石綿>中皮腫死の教員に労災認定 学校での被害認定は初(毎日新聞)
大阪人、水炊きはやっぱりコンブだし 100人アンケートで裏付け(産経新聞)
18日に結党、消費税上げは法人税下げとセット(産経新聞)
日欧線は210便欠航=火山灰で-国交省(時事通信)
《妻子に心残りしか》…亡き息子に捧ぐ慟哭4首 JR福知山線脱線5年(産経新聞)

<虐待>老人施設職員が入所者の裸撮影など 宇都宮(毎日新聞)

 宇都宮市平出町の介護老人保健施設「宇都宮シルバーホーム」(入所定員100人)で08~09年末にかけて、介護職員5人が入所者の80~90代の認知症の男女4人に対し虐待行為をしていたことが16日わかった。施設を運営する医療法人北斗会は「精神的な虐待があった」と認めているが、義務に反して同市には通報していなかった。

 ホームによると、発覚している虐待行為は計4件。20代の女性職員が約2年前、上半身裸、オムツ姿で四つんばいになっていた80代の男性入所者を携帯電話のカメラで撮影し、同僚に見せ笑った。09年には30代の男性職員と20代の女性職員2人の計3人の職員が80代の女性入所者のほおに落書きしで丸を書いた。そのほか▽頭を平手でたたく▽車椅子からベッドへの移動介助時に必要以上に高く持ち上げた--といった行為があったという。

 かかわった職員のうち1人は依願退職。残り4人は今年2月下旬に訓戒処分とされ、うち2人も既に依願退職しているという。

 ホームが今年2月に利用者の処遇について職員に対して調査をした際、別の職員から虐待行為を目撃したとの報告があったという。ホームは顔に落書きをされた入所者の家族に謝罪。残りの入所者は既に退所しているため、連絡を取っていないという。

 高齢者虐待防止法によると、虐待行為を発見した場合は自治体に通報義務がある。北斗会高齢福祉部の小林孝久部長は通報しなかった理由について「職員への聞き取りでも悪意が認められず、継続性もなかった」と説明している。

 宇都宮シルバーホームは91年開設。北斗会が運営する宇都宮東病院に併設している。【泉谷由梨子】

【関連ニュース】
軽費老人ホーム:設置基準緩和の「都市型」容認へ…厚労省
【新刊本】『介護の値段 老後を生き抜くコスト』=結城 康博・著
軽費老人ホーム:「都市型」容認へ--厚労省
特集:介護予防・認知症予防総合フェア お口のケアで健康生活
掲示板:介護セミナー「これが21世紀の在宅サービスだ!!」ほか

医薬品ネット販売訴訟で原告側が控訴(医療介護CBニュース)
懲罰委員長に浅野氏内定=自民(時事通信)
+Plusがドラマ「新撰組PEACE MAKER」の主題歌リリース
花冷え7分咲き 造幣局「通り抜け」(産経新聞)
<空自>スクランブル299回 09年度(毎日新聞)

「最後の映像、使命感の結晶」=村本さん葬儀に500人-東京(時事通信)

 タイ・バンコクの騒乱を取材中、銃撃を受け死亡したロイター通信日本支局のカメラマン村本博之さん(43)の葬儀が18日、東京都港区で営まれ、約500人が参列した。
 同社のデービッド・シュレシンジャー編集主幹は「緊迫した状況でも、冷静沈着なプロとしてニュースを確実に報道した。最後の映像は使命感の結晶だった」と村本さんをたたえた。
 「なぜ一人で行っちゃったんだ」。大学時代からの友人テリー寺嶋さん(44)は、同じジャーナリストとして、多くの現場で村本さんと肩を並べた。「お疲れさま。また飲もう」と涙声で遺影に呼び掛けた。 

亀井氏「外国人選挙権に拒否権発動している」 反対集会で強調(産経新聞)
交番に硫化水素、39歳男逮捕=以前に近所の苦情申し立て-神奈川県警(時事通信)
火山噴火 降灰、日本には届かず 健康への影響限定的か(毎日新聞)
天皇陛下から「おめでとう」真央、緊張のち笑顔(読売新聞)
中尊寺僧侶、女子高校生にみだらな行為(読売新聞)

銀河団の成長とらえた=衛星「すざく」で-理研など(時事通信)

 宇宙のガスやちり、星の分布には濃淡があり、濃い部分は網を張り巡らしたように見える。この網の結び目には、銀河が数百から数千個も集まった「銀河団」がある。この銀河団に近くのガスが流れ込み、成長している様子が、X線天文衛星「すざく」による観測で初めて明らかになった。
 理化学研究所の川原田円特別研究員(現宇宙科学研究所研究員)らが10日までに、地球からおとめ座の方向へ24億光年も離れた銀河団「エイベル1689」で発見した。宇宙の大規模構造がどのように発展するかの解明に役立つと期待される。論文は米天文学誌アストロフィジカル・ジャーナルに掲載される。
 川原田研究員らは、この銀河団の周囲に広がる高温ガスから放射されるX線を、すざくで観測した。その結果、外縁部の2000万度の高温ガスの中に、6000万度の領域があることを発見。米国の地上の望遠鏡による観測結果と合わせると、この領域には近くの「網」からガスが流れ込み、衝突して温度が高くなっていることが分かった。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
〔用語解説〕「国際宇宙ステーション」
「いつか3人で宇宙旅行」=山崎さんから家族に初メール

キリスト教会また“消火器テロ” 関西でプロテスタントばかり(産経新聞)
舛添氏、役職にそっぽ…自民中堅・若手登用人事(読売新聞)
中国死刑執行見通しで首相「残念だがいかんともしがたい」 法相は刑事手続きに疑問(産経新聞)
<収賄>家具厚生年金基金元理事ら逮捕 業者から700万円(毎日新聞)
「県民に深くおわび」=不正経理問題で、神奈川県の松沢知事(時事通信)

大型トラック正面衝突、双方の運転手死亡(読売新聞)

 4日午後6時5分頃、長野県塩尻市贄(にえ)川の国道19号で、大型トラック2台が正面衝突した。

 双方の男性運転手2人が病院に運ばれたが、いずれも死亡した。塩尻署の発表によると、現場は片側1車線の緩やかなカーブ。1台が対向車線にはみ出したのが原因とみられる。1台は滋賀ナンバーで、もう1台は岐阜ナンバーだった。

<傷害容疑>受験会場で隣席の受験生に暴行、少年逮捕 福岡(毎日新聞)
日米密約 外務省有識者委員らを招き質疑 衆院外務委(毎日新聞)
車内で火遊び?全焼、幼い姉妹煙吸う(読売新聞)
日本人搭乗 最後のシャトル 有人技術の基礎確立 物資輸送・科学実験・船外活動(産経新聞)
アフガン北部で取材中拉致か=日本人フリー記者(時事通信)
プロフィール

ミスターのぶよしてづか

Author:ミスターのぶよしてづか
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。